映画・漫画・アニメ

韓国でドラマ&映画化のチーズ・イン・ザ・トラップ、コミックス発売

チーズ・イン・ザ・トラップとは?

 

今、手軽に読める漫画アプリやweb漫画が人気ですよね。
その中でも特におすすめするのがチーズ・イン・ザ・トラップです。

 

韓国のweb漫画サイトウェブチューンで連載されており、完結しました。

 

現在はXOYで完結まで全て読めます!
2018年9/18現在、予告編と1話&2話までしか読めなくなってしまいました…

 

2019年1月18日でXYOのサービスが終了してしまいました…

 

現在はLINEマンガで無料で読むことができます!
1日1話無料で、最終話まであるので今から読み始めても遅くありません…!

 

 

LINEマンガ
ブック無料iOSユニバーサル

【Google play】

 

韓国ではドラマ化・映画化され、8月には日本での翻訳版コミックが発売されました!!!

 

内容は、
似ていないようで似ている不思議な関係の ふたりが繰り広げていく成長ラブストーリー
です。

 

 

大学生の赤山雪は1年の休学の後、復学をしました。1つ先輩の青田淳も同じ時期に復学し、男子も女子もみんなが彼の周りに集まり、騒いでいました。

顔もよく、金持ちで成績優秀。おまけに優しく面倒見も良い。

そんな彼に雪は違和感を持ちます。

しかし、1年後。仲の良くなかった淳に誘われ交流をするうちに付き合う事になり…

 

というのが、あらすじですね。 

青田淳。かっこよくて優しくて頭がいいのですが、中身が真っ黒なんですよね。

黒い青田先輩、とっても素敵です(笑)

 

物語の展開方法

 

チースインザトラップでは過去と現在が交互に展開されます。

 

・雪が復学した当初の大学2年生の話(過去)

・大学2年の時にいろんなことがあり、再び休学を希望するも、奨学金をもらったのでそのまま大学3年生を過ごす事になった(現在)

 

になります。

漫画では背景が黒いのが過去。白い時は現在です。

 

▼過去

 

▼現在

 

過去の大学2年生の時。みんなに好かれている青田淳の事をどうしても「優しい」人だとは思えず、何か裏があると思っていました。同時に淳も雪をよく思っていなかった。

そんな2人ですが、現在の大学3年生では親しくなかったはずの淳から「ご飯一緒に行かない?」と誘われ、急展開が起こる。

 

という内容です。

主要キャラクター

 

赤山雪は仕事に忙しい両親のためになんでも一人でこなしてきました。

勉強もできて当たり前。大学でも首席をとって奨学金を得るのが一番でした。

そんな彼女は頭も良く、周りをよく観察している。だからこそ、淳の表と裏を見つけられたのだと思います。

 

青田淳は大企業Z社の御曹司。

けれど小さい頃に彼を「異常」だと思った父親や、父親が与えた影響のせいで、さらに大きくゆがんでしまっています。

自分がおかしい事には気づいているし、雪はそんなおかしな自分を捨てて行ってしまいそうで怖くてたまらない。

 

ヤンデレで真っ黒な青田先輩かわいすぎます(笑)

 

淳の幼馴染である2人の姉弟。亮と静香も物語に大きく影響を与えます。

読者の中には亮と雪の方がうまく行くのでは?と思っている方も多いはず。

それくらい亮が人気がありました。

裏表がなく、面倒見が良くて快活。

 

淳と亮のやりとりもギスギスしていたり、可愛かったりします。

この3人を中心に、物語が進みます。

 

LINE漫画で掲載終了した時はまだ物語が完結していなくて、続きを読めるのは韓国のサイトだけでした。
それでも読みたくて、翻訳ネタバレしてくれるブログを読んだり、自分で翻訳してみたこともあります。

 

ウェブチューンで公開されていた#297話「青春(1)」を1話翻訳しました。

雪と淳の2人の関係がどうなって行くのか気になりすぎて、仕事の合間に少しずつ翻訳して行き、最後まで内容を理解した時にとても衝撃的でした。

 

#297は「春だった」が最後のコマです。この「春」に全てが込められている気がして、この話を翻訳してよかったと心から思いました。

これから読む方はこの#297を楽しみにしていてください。

 

私は何度も何度もこの作品を繰り返し読みました。

1度読んだら読む手が止まらず、気づけば朝だったなんて事も多々ありました。

こんな人には特におすすめ!

 

ヤンデレ
性格が真っ黒
なイケメンが好きな方におすすめです。

 

複雑な人間関係
伏線たくさん
そんな物語を読みたい方にもおすすめです。

 

作者のスンキ先生は本当にこの物語を作りこまれていて、「あれがこう繋がるんだ!」と発見があって読んでいて面白いです。

 

爽快な展開もあるので、
爽快なざまあ展開
※ざまあ展開とは、嫌な相手が返り討ちにあった際に「ざまあみろ」と言いたくなる展開のこと。
が好きな方にもおすすめです。

 

私は全力で単行本を推しますが、分厚く冊数も6巻~8巻くらいにはなると予想していますので、とりあえずまだ読んだことがない人はLINEマンガで読んでみてはいかがでしょうか!

 

ちなみに
単行本1巻は、#15まで載っています。
亮がチラっと最後に出てくる気になるシーンで終わっています。

 

2巻は、#25まで。癖のあるお隣さんが面白いです。
最後の雪が落ち込んでいる時に現れた淳とのやりとりが好きです。

 

単行本はweb版より修正加筆されていますし、おまけ漫画も載っているのでぜひ単行本を手にとってチーズ・イン・ザ・トラップの世界を楽しんでください!

 

チーズ・イン・ザ・トラップ(1) – ¥1,296

 

チーズ・イン・ザ・トラップ(2) – ¥1,296
  ▼ブログランキング参加してます!