日常

毎月3000円貯めて10年後に妻へスイートテンを贈った夫

スイートテンを知っていますか?

 

スイートテンとは、結婚10周年に夫から妻へダイヤモンドを贈るというイベントです。

元々は宝石のCMで

 

良い10年をありがとう。10年目の記念日に贈ります。スイートテン・ダイヤモンド

出典:http://www.nagahori.co.jp/

 

というものが流れていたのがきっかけのようです。

スイートテン・ダイヤモンドは株式会社ナガホリの登録商標です。

 

「スイートテン・ダイヤモンド」は、人生に訪れる様々な節目に贈るアニバーサリージュエリーブランドです。

出典:http://www.nagahori.co.jp/

 

料理が勝手に出てきてくれる、楽さを知る

 

先日、仕事で会ったお客さんと話す機会がありました。

その方は単身赴任で1人で他県にやってきて、数ヶ月は仕事で留まらなくてはいけないそうです。

普段のご飯はもっぱら外食メイン。コンビニ弁当は食べ飽きてしまったので居酒屋に通っているそうです。

洗濯物が1番面倒くさい、との事でした。コインランドリーに行くのすら面倒だと言います。

奥さんに「とりあえず1ヶ月分の服をくれ!」と言ったそうですが、もちろん「そんなに用意できない!」と突っぱねられてしまいました。

奥さん曰く「ダンボールに詰めてこっちに送ってくれれば洗濯して送り返してあげるよ」と言われたそうですが…

もちろん彼が自分でダンボールを用意して、服をつめて、郵便局に赴いて、という手間をするなら、そもそもコインランドリーを面倒くさがったりしません。

 

「あいつは上手い。俺がそんな事できないのをわかっててそんな事を言う」

 

結婚してから10数年。

旦那さんの扱いを、やはり奥さんは知っているようです。

 

「やっぱり家のご飯が1番だよ。居酒屋も結局面倒くさい。何が面倒って、メニューを選ぶのが面倒。家なら勝手に出てきてくれる」

 

私は女の身なので彼が言う「勝手に料理が出てくる」というのをあまり体験出来ませんし、それを楽だとも思ったことはありませんが、男の身からしたら、そうなのでしょうか。

妻にする「最低限おれにできること」

 

「俺は飲みに出るから金を使う。だから帰りも遅い。でもそれは治せない」

飲みに出るのは結婚する前からで、飲みに1度出てしまうと帰るのは終電ギリギリ。終電をついつい過ぎてしまう事もあるそう。

「でもね、俺は約束を守るよ。結婚する時に誓った事は守ってる」

彼曰く、結婚する際にいくつかの約束事を奥さんとしたそうです。

 

奥さんに誕生日プレゼントを必ず用意すること。その時の給料によってはプレゼントは難しい時もあるだろうから、その時はガーベラをプレゼントする。

 

この誕生日プレゼントの約束は、

 

「嫁は誕生日7月なんだよ。でもあいつ賢いから早めの春にプレゼントをねだる。それで、物覚えの悪い俺はまた7月に、あれ?プレゼント用意したっけな?ってなってもう一度プレゼントを用意してた」

 

そうすると春と秋の年に2回、奥さんは「これがいい」ってお願いしてたみたいです。

春と秋。ファッションの変わり目の丁度いい時期ですね!しかし最初から春にプレゼントをねだる奥さん、策士ですね(笑)

最近は高いプレゼントを買うのではなく、ガーベラを必ず花屋に頼んでガーベラのブーケを注文しているようです。

 

「花屋は毎年同じところに任せてるから、いつも”今年もよろしく”って手紙を渡してるよ」

 

「物覚えの悪い旦那さん」でも忘れないように、母の日になると花屋にきっちり注文しにいくようです。

「母の日になると、あ。花注文しようってなる」そうです。

 

「結婚10周年に君はスイートテンが欲しいですか?」

 

そして誕生日プレゼントの約束の他に。

求婚した時に「結婚10周年に君はスイートテンが欲しいですか?」と聞いたら「はい」って言われたそうです。

まずそこで最初に確認してくれる旦那さんも凄いと思ってしまいますけどね。

でも物覚えの悪い彼はお金の管理なんてできません。

 

「10年経って、そこで金がなくて買えないなんて事になったら困るから。スイートテンのお金は嫁が毎月俺の給料から3000ずつ徴収して貯めてもらった」

 

そして奥さんの管理のおかげで、10周年に夫婦は奥さんの希望でティファニーでダイヤモンドのネックレスを購入しました。

少し値段が予算を超えたそうですが、そこは旦那さん。男を見せるためにはみ出したお金をもちろんお支払いしたそうです。

奥さんとしても「10周年の楽しみ」があるって素敵じゃないですか?

ちょっと嫌な態度されても「うるさいけど我慢しよ。そしたら○円貯まった」「やった、今月で○円になった」って。

シビアな考えかもしれませんが、それが楽しみになってると思うんですよ。旦那さんが聞いたらちょっと青ざめてしまいそうですけど(笑)

女性ならこの考え、わかるんじゃないかな?私だけ?

将来のために今、少しでもお金を貯めること

 

この話を聞いて、なんて素敵な旦那さんだろうと思いました。

最初は「嫁の作った料理がうまいとかじゃないけど、勝手に料理が出てくるのがいい」って言ってるから、「ワガママな旦那さんかな?」と思っていましたが、とんでもない。

夫婦には2人の子供がいます。

旦那さんはこの子供たちのためにも奥さんと取り決めをしました。

 

子供たちそれぞれ生まれた時にに通帳を作り、生まれた時から毎月3000円ずつそれぞれの口座に貯めていく。貯めた履歴を残すために記帳する。子供たちが結婚する時に貯まったお金と、生まれた時から記録し続けた通帳を渡す。

 

これ、素敵じゃないですか?

「お父さん。お母さん。私(僕)結婚するからね」って言ったら、両親はボロボロの通帳を持ってくるんですよ。

私、これを聞いたら思わず涙が出てしまいました。(最近涙脆いのです)

私が彼らの娘ならば「これは素敵だ!真似しよう!」ときっと思います。

そして、自分の子供たちにも同じことをしてあげる。

「毎月3000円じゃなくてもいい。1000円でもいい。そのたった1000円を貯めに貯めて大金にして、その記録と一緒に子供に渡したい」

そう話す旦那さん。とっても素敵でした。

 

まとめ

 

一緒に聞いていた年下の同僚も「結婚したら必ず実行します」と言っていました。私も、結婚したら彼の約束を実践してみようと思います。

みなさんも、どうでしょう?既に結婚された方でも。今から貯め始めても遅くはないと思いますよ。

スイートテンを聞いて10周年がこれからの方も、もう過ぎてしまった方も。「いいなあ」と思ったら今からでもおねだりは間に合うかも…?(笑)

 

指輪やネックレスなどジュエリーを選ぶなら、誕生石やオフィス用などのシーンや予算で豊富に選べるジュエリーローラがおすすめです。

宝石鑑別士が在籍しているので品質もよく、修理保証が1年ついているのでアフターサービスもバッチリです。

全ての商品が送料無料ですのでまずはこの機会にサイトをのぞいてみてください。



  ▼ブログランキング参加してます!